Attachmate is now
a part of Micro Focus

 技術仕様

Databridge


統合されているコンポーネント

  • Databridge Host
  • Databridge Plus
  • Databridge FileXtract

アドオンコンポーネント

  • Databridge Enterprise Server
  • Databridge Audit Mirroring
  • Databridge High Speed File Transfer

クライアントオプション

  • Databridge Client for Oracle on Windows
  • Databridge Client for SQLServer on Windows
  • Databridge Client for Oracle on HP-UX
  • Databridge Client for Oracle on SunOS
  • Databridge Client for Oracle on Linux
  • Databridge Twin for Unisys MCP Systems
  • Databridge DMSII Client for Unisys MCP Systems
  • Databridge Client for Oracle on IBM AIX

ホスト要件

  • MCPレベルSSR 51.1から58.1に対応するUnisysメインフレームシステム
  • DMSIIソフトウェア(DMALGOLコンパイラを含む)
  • DMSIIデータベースのDESCRIPTION、CONTROL、DMSUPPORTライブラリ、監査ファイル
  • 監査対象DMSIIデータベースへのアクセス

Windowsクライアント要件

  • ハードウェア
    • Pentium PC 1 GHz以上、複数のCPU構成(推奨)
      • 2GBのRAM (推奨: 4 GB)
      • 100GBの空きディスク容量(DMSIIデータに必要なディスク容量のほかに)

OR

  • –  Unisys ES7000

注: 最善の結果を得るには、RAIDディスクアレイを使用して、OSやクライアントストレージディスクとは別に、データベースディスクを確保してください。

OS

  • 次のいずれか:
    • Windows Server 2012
    • Windows Server 2008
    • Windows Server 2003
    • Windows 8
    • Windows 7

データベースプログラム

  • 次のいずれか:
    • Microsoft SQL Server 2014
    • Microsoft SQL Server 2012
    • Microsoft SQL Server 2008 R2 (SP1以下)
    • Microsoft SQL Server 2005 (SP4以下)
    • Oracle 9i、10g、11g、12c

UNIXおよびLinuxのクライアント要件

  • 次のいずれかのOS:
    • Solaris v10以上およびOracle v9i、v10gリリース2、11gまたは12cが動作しているSun Microsystems SPARCstation
    • HP-UX 11i v2およびOracle v10gリリース2または11gが動作しているHP 9000/700または800シリーズマシン
    • HP-UX 11i v3およびOracle v10gリリース2または11gが動作しているHP Itanium
    • Red Hat Enterprise Linuxリリース4以上を搭載したIntel Pentium、SUSE Linux Enterprise Server 11 SP1以上、Oracle 9i、v10gリリース2、11gまたは12cが動作しているUBUNTU Linux 7.1以上
      Oracle v10gリリース2およびOracle 11gは32ビットと64ビットのクライアント対応。ただし、Oracle 9iは32ビットのみ対応。
    • AIX 5.3L以上、およびOracle 9i、10gリリース2、11gまたは12が動作しているIBM pSeries
      Oracle 12cクライアントは、64ビットのみ。Linux上のOracle 9iには、32ビットクライアントのみを提供。